レビュー

【書評】「時間革命」で、自分時間を増やす方法を知る|堀江貴文

時間革命

およそ10分程度で読める記事にまとめました。

堀江貴文さんの「時間革命、1秒も無駄に生きるな」を読みました。

この本は「崇拝現金主義者では?」と言われ続けた堀江貴文さんが、時間だけをテーマにした初の著書です。

今回の記事では、特に印象に残った内容を抜粋して、分かりやすい言葉でまとめて行きたいと思います。

この本を読むと、改めて

「いま自分のしている行動は、本当に自分の為に使っている時間なのか?」と考えさせられ、読み終わった後は時間の1秒1秒が凄く勿体無く感じます。

堀江貴文さん自身も冒頭で、時間は「ぼくにとって、お金より大切なもの」と語られています。

「時間革命」の概要

この本は2019年9月20日に発売されました。

読み進めると当たり前に現れる「chapter」のタイトルで、どんどん次のページをめくりたい欲が止まらなくなります。

この本のChapter
  1. 「他人の時間」を生きてはいけない
  2. 徹底的に「ムダ」な時間を殺せ
  3. 「常識や世間体」に時間を溶かすな
  4. 「夢中」が時間濃度を濃くする
  5. 「健康」こそが最大の時間投資である
  6. 「将来を心配する」という究極のムダ

他の著書も読んでいたので「あ、この文章読んだ事あるな!」と思う所がありました!これをみただけで内容をイメージできる方がいるかもしれません。

「他人の時間」を生きてはいけない【懲役1年9ヶ月の刑務所生活でも「自分の時間」を過ごした】(1部紹介)P19~

時間を削り取られるというのは、人間にとって決定的な最大のペナルティ

時間改革p20より

堀江さんは刑務所に入った事をきっかけに自分が「他人時間」を生きているのか「自分時間」を生きているのかはっきりと意識するようになったと語っています。

まず「他人時間」とは、

  • 一緒に居たくもない人と生活をする事
  • 他人の決めたことに従う事
  • 誰の為になるのか分からない単純作業をする事

この他人時間を生きる行為を、監獄に入っている状態によく似ていると話しています。

世の中の大半は「会社が嫌」「忙しい」「上司に腹が立つ」「家族が嫌いだ」など不平不満を言いながら、その場所(牢屋)から1歩も出て行かない。

その牢屋の中でいつまでも文句を言うばかり。

堀江貴文さんは、本人は牢屋の中にいながらもメルマガの更新は毎日続け、1000冊以上本を読破、多くの映画も見ていました。牢屋に入れられているのに「自分時間」を生きているのです。

普通に生きている人たちの方が、違う意味で「牢屋」に閉じこもって気づいていない事を皮肉に思います。

「時間がない」のを「他人や環境のせい」にしていないか?

キライ

堀江さんは「突然電話を掛けられる」とか「いきなり話しかけられる」のがめちゃくちゃ嫌いらしい。

これは「自分時間」を生きてる人にとっていきなりズカズカと勝手に時間を奪っていく行為になるからだね!

「夢中」が時間密度を濃くする【「時間の換金グセ」をやめないと、一生あくせく働く】(一部紹介)

2万円を「2万個のパチンコ玉」に換金するのはもったいないとわかっている人でも、日給2万円のアルバイトには魅力を感じてしまう。

時間革命P146より
一般人

お金に余裕があれば、自分の好きなものが買える・出来るから仕事時間を増やすしかない!

でも、自分時間が無くなる…

多くの人は「労働」する事によって時間をお金に換えています。つまりお金があれば労働(時間の切り売り)をしなくても良くなりますよね!

日給2万円のアルバイトをしたとして、

あなたの1日には、現金2万円分の価値なのか?=「そうです。」

…と答える人は価値観が歪んでいます。

ここでは、貴重な時間をお金に換える行為を辞めようよ!と話しています。一定時間頑張ったご褒美で「お金」がもらえると思っているのが間違い。

お金そのものには価値がなくツールに過ぎないのに、お金そのものに価値があると思ってしまう…

お金は「信用」であって、信用が積み重なれば勝手にお金も集まってくる。

デスクに座っている、作業しているだけの信用だから、その程度しか貰えないじゃないのって話。

ポッポ

き、厳しい…

心に残った言葉

  1. 世間を意識して悩むという最悪のムダ
  2. 時間を食い逃げする人間関係は手放せ
  3. 9割が「仕事をつくるための仕事」にすぎない
  4. 「年齢」とは幻想である
  5. 努力するな。ハマれ
  6. 「ストレス時間」を徹底的に減らせ
  7. 睡眠時間を削るのは寿命の「前借り」

書評:時間改革を読んだ感想は?

書評

「タイムイズマネー」ではなく「タイムイズライフ」。多忙ではなく多動になれ!

この本の最大のテーマは上記の事です。お金ではなく時間だけにテーマを置いた本でした。

私たちの「時間=人生」は、他人に売り渡すためにあるものではない。思い込みや呪縛は捨てよう!

仕事や会社、上司、友人、家族などは「他人時間」。それらに振り回されてる暇はない!…家族を持っている人にとったら衝撃なセリフでしたね。でも確かに、自分時間が無くなるのは分かります。

そう考えると、私が1日の過ごし方の見直しをしないといけないなぁと思えるところは

  • 無駄にSNSを徘徊しない
  • アプリやゲームに時間を浪費しない
  • 昼寝し過ぎない
  • 出来ないことにはNOと言う

などなど、いくつかポンポン思い当たることが^^;

本書でも書かれている「悪口・ゴシップは時間を食い荒らすドラック」は、その通りで、ふとした時に開くSNSで浪費する時間のトータルは今思うと莫大でした。

「自分の人生を彩る娯楽として楽しむSNSやゲーム」or「ただの暇つぶし・時間の浪費」なのかはしっかりと分けて行きたいです。

キライ

ぜひ読んで、皆さんも「時間革命」起こしてみましょう!

24時間が凄く貴重に思えます。

ABOUT ME
キライちゃん
24歳歯科衛生士・1児のママ。当ブログは働いてみた目線から思う「歯」について予防・ケアをシェアし、日々の暮らし・グルメ・旅行・トレンドなど、役に立つ情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします♪