暮らしの役に立つ

衛生士だけど完全週休3日で働いてる感想【独身時代と育休復帰後での違いも語る】

社員

最近「週休3日制度」ってよく聞くんだけど、実際働いてる人ってどんだ感じなんだ?

お金は?生活は?てかそんな休んで何してるの?

最近よく聞く「週休3日制度」or「完全週休3日制度」

ぶっちゃけどうなの?生活は?何してんの?お金大丈夫なの?っていう疑問で週休3日制度に踏み込めない方も多いと思います。そこで実際にこの勤務形態で働いている私の感じたメリット・デメリットを書いてみますね。

参考にしてみてください!

週休3日制度って何?ずるくない?

週休3日制度とは、

正社員として週休を3日にを希望する者に、その理由を問わず週休3日を可能にすることです。

働男

え?1週間に3回も休みなのに正社員ってずるね?

1週間に3回も休みと聞くと、誰でも「最高か?!」と思っちゃいますよね…。でもそこにはその代償があって、基本的にお給料が約2割減なのです。

働男

なんだ〜、給料2割減るのかよ〜

なんのメリットあんだよ〜

それでは、これから私が実際に【独身】の時と【子育て中(ワーママ)】の時とで週休3日制度を経験したメリット・デメリットをお伝えします。

ちなみに、週休3日制度で正社員として約1年働きました。その途中で妊娠が発覚し、そのまま産休・育休に入りました。

職業は診療所勤務の歯科衛生士です。

週休3日制度のメリットに感じたこと

【独身時代】メリット

今まで行けなかった所に行きやすくなった

私の休みは基本、

平日2日、日曜日1日で3日間でした。

そこで、次の日休みの仕事の日は、夜に新幹線に乗り泊まりがけで県外に遊びに行くことが出来ました。いつもなら混んでる場所も、平日を使って行くので空いていたり。

金額も安く済んだりしたのがめちゃくちゃ良かったですね。

自分のやりたいことに集中できた

週休2日でも出来なくはないですが、3日間ある方が明らかに取り組む量が違いましたね。

もし副業や介護、読書、運動、趣味など、それぞれやりたい事がある場合は仕事とサブで両立する事ができるのでかなりオススメできます。「本業」と「やりたい事」のに全集中できるのでバランスが良くなります。

週休2日だと1週間に48時間の自由。そのうち睡眠時間をとったら34時間くらいですかね。

週休3日だと72時間、睡眠時間とっても51時間あるのでこの差はかなり大きいと感じます。

余った時間もゆっくり使えた

ここまでくると、本当に何も無い日も出てきます。

キライ

あ。暇や〜

ちょっと一休みしようかな。何もしないぞ。っていう気持ちで1日中何も気にせずアニメをみたり、映画をみたり。温泉や岩盤浴に行って頭をぼーっとさせる事ができました。

「あ、自由だなぁ」って改めて何故か思いました。

【子育て、復帰後】メリット

家族・友人・自分に十分時間を使える

子供は保育園に預けて仕事に復帰しました。これがもし、ただの時短復帰であればもちろん休みは2日だったわけです。

週休3日にした事によって給料は時短よりも減りますが、時間は確実に手に入れました。

3日間あるので、家族や家の事に時間に使ったり、ママ友と子供を連れてお茶をしたり。さらには自分の美容院なんかにもゆっくり休みを使えます。

仕事もしてるとなれば自分時間もほしくなりますね…。

そんなストレスが圧倒的に減るのでオススメしたいです。

ちなみに、今はこうして時間を作って、子育てしながらでも動画撮影したりブログを書いたりTwitterしてます。これはちょっと気合いが必要ですけど…休みが3日あるから出来てることだと思ってます。

キライ

疲れたら休もうね

買い物は平日にしちゃう

平日に行動できるのがヤバイ!

平日のメリットは

  1. 人が少ない
  2. お得な事(お金)が多い
  3. 役所関係に行ける

ザッとあげてもこれくらい。平日の良さを知ってしまうと祝日・赤日には戻れなくなっちゃいますよ!

週休3日制度のデメリットに感じたこと

デメリットも書きますが、あまり多くないと感じました。メリットの方が明らかにデカイ!…でも、それでも思いつくことは書いてみます。

【独身時代】デメリット

あんまり疲れなくて眠るのが遅くなった

実はですね、3日もあると十分に休む時間があるんですよね。いつも仕事をバリバリこなしてた時はすぐ寝ちゃってたのに、急に眠れなくなってちょっと夜更かしになりました。

まだ20代前半だったので元気が有り余ってしまいました!

これはデメリットでしょうか?

週休2日に戻って働ける自信が無くなる

「また2日に戻ってもいいかな」と思っても、なんだか戻れる気がしませんでしたね。3日に慣れてしまうと、「え?明日休みじゃ無いのか…」とか思ってしまいそうですね。

【子育て、復帰後】デメリット

ごめんなさい、デメリットがありません

「働きながら子育てをする」という点では不満がありません。休みもあるし、お給料は頂ける。デメリット、ありません。

週休3日制度にスムーズに入る準備

もし、選択週休3日制度を自分の生活に導入しようか悩んでいる方がいたら、それに入る前に参考にして欲しい事があります。

それは、

  1. 生活水準は給料が下がってもあまり変わらないように、自分のいまの生活を整えて置くといいかなと思います。
  2. 周りの理解も欲しい。もし同居人がいたら「なんなのそれ?」「今日も休みなの?」「仕事辞めたの?」なんて言われちゃいます。

以上のことはわたしがこの制度で働き出してから感じたことです。参考になればと思います。

最後に

ニュースでもこの働き方制度について取り上げられてきていて驚きました。結論、本当にオススメです。

ただ、仕事に情熱を持って仕事に取り組んでいる場合、この制度にするともしかして取り残される?可能性も無くは無いかなと思います。

その自分の会社が社員に「何を求めているか」で変わってくると思うので、まずは相談して下さい。

最終的には、自分にあった働き方を見つける事が1番大事なんじゃないかと思います。

もし、給料が減るのが気になって、どうしても踏み込めない方は「給料減った分は、時間を買っているんだ!」と考えてみてはどうでしょうか?

働男

時間は立派な資産って考え方だね

サクサクとブログを書いていきましたが、聞きたい事があればコメントください!

今回の記事が、参考になれば嬉しいです。

キライ

ABOUT ME
キライちゃん
予防歯科の歯科衛生士・1児のママ。当ブログは働いている目線から感じる「歯」について予防・食育をシェアし、FPの知識を活かし節約術・日々の暮らしなど立つ情報を発信しています。Twitterではお口のデンタルIQ向上のお手伝いもしてます。どうぞよろしくお願いします♪