生活

眉毛脱色にJOLEN使用してみた【レビュー・方法】|垢抜け効果抜群♪

眉毛脱色

美容院で眉毛を脱色するのを辞めてしまったみたいなので、最近は自分で眉毛を脱色するようになりました。

眉毛が黒いと、メイクしても眉毛が浮き彫りになったり髪の色とあっていなかったり、眉毛カラーを塗ったり手間が掛かりますよね^^;

そんな手間を省くために、脱色しちゃいましょう!

今回はJOLENを使用して眉毛を脱色していきたいと思います!

JOLEN(ジョレン)って??

クリーム状の脱色剤です。メイドinアメリカの商品になります!今回は試供品サイズのもので試していきたいと思います。

入っているもの
  • 1剤 パウダータイプ
  • 2剤 クリームタイプ
  • プラスチックスパチュラ
  • 練和紙(トレイ)
  • 取り扱い説明書

では早速試していきましょう!

脱色開始!

最初の眉毛はこんな感じ。黒いな…

1剤と2剤を1:2で分ける

脱色

パウダータイプ(1剤)はスパチュラに1回山盛りに乗るくらいを取ります。

クリームタイプも同じように山盛りにスパチュラに2回取ります。

眉毛の量によって分量も調節していきましょう。

2つを混ぜ合わせる

脱色

2つをパウダーからクリームに少しずつ混ぜていきます。満遍なく混ぜるのがポイントです!

この時パウダーが机に割と散らかりやすいので、ゆっくり混ぜると汚れずにすみそうです。

念の為、肌荒れ防止に眉毛周りの皮膚にクリームを

脱色する前に、肌への刺激(肌荒れ)を少しでも守るために眉毛の周りにクリームを塗ってバリアを作ることをオススメします。

  • ワセリン
  • リップクリーム
  • ハンドクリーム

などなど♪基本的になんでも代用できるとおもいます♪

わたしはニベアのハンドクリームを眉毛の周りの皮膚にあらかじめ塗っておきました。

毛が隠れるようにクリームをのせていく

前髪が長い人はあらかじめ結んでおきましょう。

毛を覆うように混ぜたクリームを乗せていきます。サンタのおじさんみたいになりました!

クリームが目に入らないように注意してくださいね!

この時から肌が敏感な人は、少し肌がピリピリしてくるかもしれません。異常を感じたらすぐティッシュやウェットテッシュで拭うようにして下さい!

ラップをつけると脱色効果UP・垂れる予防も

サランラップやアルミホイルを乗せると、脱色効果UPです。20cm~30cmくらいにカットして用意して置きます。

ラップを貼ることで、目に薬剤が落ちてくるのを予防することもできます!どうしても不安な場合は水泳のゴーグルなどかけた方が安全です。

7〜10分程度放置しながら、ドライヤーで温めると脱色効果を高めることができます。

しっかり拭き取っておしまい!

眉毛脱色後

今回は8分間脱色してみました。お恥ずかしながらすっぴん眉毛でモサモサです。いい感じに茶色っぽくなりました。

この後ちゃんと整えていきます^^笑

初めて脱色した時は15分以上放置して金髪になってしまい、眉毛が喪失したかのように見えたので時間の沖過ぎには注意が必要ですよ!

他に、エピラットの脱色クリームでも出来る

バレリーナのパッケージが目印の脱色剤です。

本来は腕の毛、足の毛などに使う商品のようです。こっちの商品もしっかり脱色できます!敏感肌用も売っているので、眉毛に使用する時は「敏感肌用」の方が肌が弱い方にオススメです。

脱色方法はジョレンと同じです。

目に入らないように細心の注意で脱色していきましょう!

参考までに♪

1ヶ月・2ヶ月程度で黒く戻る

わたしは眉毛が生えるのが早いので、1・2ヶ月で元に戻ってしまいます。

メイクで眉毛カラーをわざわざする必要がなくなるので時短にもなるので紹介してみました♪

ABOUT ME
キライちゃん
25歳歯科衛生士・1児のママ。当ブログは働いてみた目線から思う「歯」について予防・ケアをシェアし、FPの知識を活かし節約術 ・日々の暮らし・グルメ・旅行・トレンドなど、役に立つ情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします♪